×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

転職面接jpは転職活動最大の難関である面接をサポートする情報サイトです。面接でどんなことが聞かれるの?面接で気をつけることは?など…。面接に関することでお困りの皆様に役立つ情報をご提供します。


就職・転職 面接対策、面接必勝法

現在のように誰もが一生のうちに数回は転職するのが当たり前となって来ている現代では、転職の成否が仕事人生の成否を決めると言っても過言ではありません。その成否次第で生涯賃金が1億円変わる事も…。
転職・就職時の企業での面接で、採用・不採用の大部分が決まると言われます。

必勝法その1:面接は最初の5分が勝負

相手は一日に何十、下手したら何百と就業を希望する応募者の面接や書類先行を行っているのです。貴方との世間話を楽しんで性格の良さを見極めようなんて暇のある人はいません。

転職時での面接は採否を左右するもっとも重要なポイントです。短い時間で効果的にアピールするには、面接の準備をしておくだけでなく、面接全体のおおまかな流れを把握しておくことが大切になります。
また、応募する企業や1次・2次、最終面接であっても、面接には大まかなパターンがあります。そのパターンを様々な視点から捉え、効果的にアピールすることが大切です。

必勝法その2:一番大切な事は面接官に「この人と同じ職場で働きたい」と思わせる事。

短い時間であなたを判断するために、面接官は出来る社員としての模範解答をイメージし、その通り答えるか、あるいはそれを上回るような回答を期待して質問を投げかけてきます。
それを全く考慮せずに面接会場に行き世間話をして帰ってくるだけ…。不採用のメールや通知の連絡が来るのは目に見えてますよね?
大事なのは、きちんと受け答えができる事!
当サイトではよくある企業の面接官が必ず使う定番質問集と、好印象につながるその模範解答例や理由、攻略方法をご紹介します。

転職時における面接の位置づけ

一般的な面接時間は20〜30分程度。そのなかで、合否は「最初の5分で決まる」といわれており、第一印象は非常に大切です。

なぜ開始から5分なのかというと、「前職の仕事内容」「転職・退職理由」「志望動機」などの重要質問に回答している時間だからです。多くの場合、この時点で採否の判断が行われるので、いかに短時間でこの3点をアピールできるかに、面接の成否がかかっているといえます。

職務経歴書を提出していても、職歴などについては再度質問されるので、書類の記載内容と相違がないよう、事前に準備しておくことが大切です。

必勝法その3:定番の質問は、事前に回答を考えておく!面接官へアピールができる!

面接官には様々な質問をされると思います。
小さなベンチャー企業等では社長が面接官を兼任しており、基本的な事しか問われない事もありますが、それ以外の場合は、貴方を見抜くための質問を何パターンも持っており、心理戦のように質問を投げかけてきます。

向こうも人だし、人間を見せればいいのだから普通に素直に回答すればよい、こんな甘い考えを持っていらっしゃいませんか?
いざ面接に臨むと、緊張してうまくアピールできなかったり、思わぬ失敗につながりかねません。
初めて面接を受ける方はもちろん、何度も面接を受けている方も、緊張するのは皆同じです。

そこで、事前に面接の下準備をしてから面接に挑みましょう。このサイトでは面接の下準備、実際の面接の仕方、よくある企業側からの質問、新卒就職、転職の場合のポイントを分かりやすくまとめてあります。履歴書と同じように、面接にもポイントがありますので、そのポイントをしっかり押さえれば面接もリラックスして受けられます。
面接では、あなたの人間性が試されますので、自分の考えをしっかり持ち、自分の言葉ではきはきと答えましょう。企業側に、自分をしっかりアピールして採用目指して挑みましょう。

当サイトは、みんなでつなごう相互リンクの輪に参加しています!
相互リンクの依頼はこちらから

質問への対策

実例で見る質問と答え方

面接マニュアル